• ホーム
  • HIV検査の陽性結果の推移とヤフー知恵袋などの情報

HIV検査の陽性結果の推移とヤフー知恵袋などの情報

まずHIVというのはヒト免疫不全ウイルスのことで、病気の名前ではありません。
HIVの感染によって発症する病気をエイズといいます。
そしてこのエイズ(AIDS)は略称であり、正式名称は、後天性免疫不全症候群と言います。

エイズは確かに怖い病気です。
そして初めてその存在が発見されたのは1900年代後半と割と最近の病気です。
「怖い病気」からくる人間の恐れ、「最近発見された」という事実から医療・研究がまだ進んでいない、ということが問題や誤解を生んでいます。
つまり何が言いたいかと言うと、「正しい知識を持っていない人が多すぎる」ということです。

例えば、HIV感染者と性交渉を行ったとして、どれくらいの感染率になるでしょう。
答えは1%程度です。
100回性交渉を行ったとして、1回だけ感染してしまうような確率です。
そして性交渉による感染者が多いといっても、異性間での性交渉より同性間(特に男性同士)での性交渉が圧倒的に多いのです。
それから万が一、HIVに感染してしまった後の話ですが、現代の医学だとエイズの発症を一生抑えることも可能なのです。

日本の新規HIV感染者推移は世界の水準と比べると低いですが、メディアは少し大げさに報道したりもします。
こういった情報は普通にインターネット上に掲載されていますが、不安や恐怖などから、ありもしないような話を信じたりしてしまうのです。
まずエイズやHIVに対して、正しい知識を持つことから始めましょう。

検索エンジンを使って、各種情報を検索したり、Yahoo知恵袋を利用したりするのも良いでしょう。
もし感染を疑う方はHIV検査を受けてみると良いかもしれません。
個人の秘密はしっかり守れますし、匿名での検査も可能です。
当日検査結果を出してくれる病院もありますし、検査時間は直ぐです。

関連記事