• ホーム
  • キスでは感染しない、断食療法に頼る前にHIV検査!

キスでは感染しない、断食療法に頼る前にHIV検査!

ウィルス

HIVに感染するケースはごく限られていて、キスでは感染しません。
唾液にもHIVウィルスは含まれていますが、ごく少量であるため、感染することはありません。
感染するには、バケツ5杯ほどの唾液に含まれるHIVウィルスの量が必要です。
ただし、口腔内で出血している場合は感染の危険があります。
血液が粘膜や傷口に接触すると、感染の可能性がありますので、それには注意が必要です。

感染機会があったと認識したら、そのひと月後くらいにHIV検査を受けることが望まれます。
HIV検査では、HIVウィルスの抗体を調べて感染の有無を判断します。
抗体ができるまでの期間には個人差があり、1ヶ月でできる場合もあれば、3ヶ月かかる場合もあります。
そのため、ひと月後に検査して陰性であっても、3か月後にもう一度受けて陰性となるまで安心はできません。
しかし、ひと月後に陽性となった場合は、治療を2ヶ月も早く始めることができます。

HIVウィルスは徐々に確実にヒトの免疫細胞を破壊していきますから、その破壊を止める治療をしなくてはなりません。
幸い、現在では、破壊を相当程度食い止める薬が開発されています。
その薬の服用によって、検出限界値以下にまで、HIVウィルスを減らすことも可能になってきました。
HIVウィルスはヒトの免疫システムを破壊することで、間接的に人を死に至らしめます。
免疫システムが破壊されるのを極力防ぐ薬があるわけですから、それを少しでも早く飲み始めれば、普通に暮らして天寿もまっとうできます。

すべての病を解決するなどのことばで、断食療法をおこなうケースも一部にあるようですが、HIVは、早期発見して早期に薬を服用し始めれば、解決できる病気ですので、そうしたことに頼る必要もないわけです。

関連記事
人気記事一覧